日本人が苦手とする英語の音
ー私の解決法ー


                                         

      
                                       前頁

  「訪日外国人接遇向上英語教室」に参加して頂いた人々の参考に供するために記します。
  なお、これはあくまでも個人的認識だということをお断りしておきます。
             
                               (以下伊藤和夫記す)

 (母音):

 母音は口の中の舌の位置で決定されます。下あごをさげれば舌の位置がさがります。下あご
 の下がり方が少ないと舌は口の中で高い位置を保ちます。

 あと、舌が口先の方に位置(前)するか、のどの方に位置(後)するかで、
 音が異なってきます。


発音記号


単語


私の認識








fan
happy
bag
cap



日本語にはない音である。ふつう私たちが日本語を話す
時に一番あごをさげる状態から、さらに一段さげるべき
である。まるで食べた物を戻そうとする時のような口の
形である。その形を作るため、時々私は自分の指先を使
ってあごを押し下方におろそうとする。native speaker
はそれくらいあごをさげるのである。日本語ではなじみ
のない口の形だ。そういえば外国の映画でそんな形の顔
をする役者をみかける。


そして、舌の位置は前にくる。あごをさげて、さらに舌
を前のポイントにもってきて音をだす。
これがこの音らしい。




? 


box
watch
lot
shop



舌の位置は上で述べた「
」と同じだが、舌の位置が
後ろ、奥にになる。

」と「? 」に共通するのは、あごをさげるという
ことである。



? 

?



girl
world
earth
first



自分の舌の位置を日本語の「え」の位置から後退させて
いくと、この音に近い音のポイントが見つかる。
さらに後退させると、日本語の「お」の音になる。

もっと詳しくいえば、舌を「え」よりすこしだけさげ、
その位置を後退させてゆくと、この音になる。


 
(子音):

 子音は、声帯の振動を伴わず、いきなり肺から呼気が出て来て生まれる音です。色々な口の形
 を形成することで、音が区別されていきます。


発音記号


単語


私の認識



f



fish
friend
family
Friday




下唇を上の歯でかむような形を作ってから音を発する。



v


video
very
visit
Vietnam



上のfと同じ。
下唇を上の歯でかむような形を作ってから音を発する。




r



room
red
right
reading




日本語の、ら、り、る、れ、ろ、の音は、舌が口の中で
上あごの部分に触るが、「
r」で表される英語の音では
、触らない。

u-ra, u-ri, u-ru, u-re, u-ro と各音の前に「u」のよう
な音を先行させると、この音になるみたいだ。





l



live
love
table
animal



日本語の、ら、り、る、れ、ろ、の音は、舌が口の中で
上あごの部分に触るが、触ってすぐに離れる。
しかし「l」で表される英語の音は、すぐに離れるわ
けではない。特に、「
table」を発音をした後などは、
暫く舌が口の中で上あごの部分に着いたまま離れない。だからよく「テーボー」と聞こえる。





θ


thank

think
three
earth



上の歯と下の歯の間に自分の舌が挿入された状態で音
を発する。

別の表現をすれば、私の自分身体感覚では、上の歯の
下には必ず自分の舌が来ていると、感ずる。




d



this
that
the
grandfather





上の「θ」と同じである。

                        
                                                     
                                                   

参考(母音と口の中の舌の位置の関係図)


日本語でも英語でも母音は口の中の舌の位置で決まります。


 



  前頁