「英語で俳句を説明する」勉強会の開催について

                                   
                                                         前頁

数多くの句碑がある松山市内を案内する場合、句碑の前に立ち、その俳句を英語で説明できると
俳句で有名な街、松山ならではのメリハリをつけることができます。

街を案内するガイドの立場では、その俳句の全体的な意味が説明できれば、まずは合格でしょう。
ですから、その全体的説明は複数の文章から構成される、長いものとなっても、構いません。
けれども、一歩進んで、俳句が5−7−5の短詩形であることにひかれて、説明の英文も短く
していく方法も当然のことながら、あります。勉強会では、この二つのタイプについて、
触れていきます。

勉強会では、現役の観光通訳ガイドが、その方法論をお伝えしていきます。
いろいろなアプローチがあるはずで、正しい方法が一つだけあるというものではないと思います
ので、そのあたりの考え方も楽しんでください。

ボランティアガイドで活躍している人やその他英語に関心のある人等の参加をお待ちしています。

1.講師
  四国観光通訳者連盟代表 伊藤和夫 
  通訳案内士(英語)、日本観光通者協会会員、全日本通訳案内士連盟会員

2.場所
  愛媛県国際交流センター(EPIC)研修室   電話:089-917-5678 
   790-0844  松山市道後一万1-1(駐車場有、ひめぎんホール隣) 

3.開催日時
  平成2816日(月)13:3016:30 (実施済)
   平成2818日(土)13:3016:30 (実施済)
   平成28年7日(土)13:3016:30 (実施済)
  (その後も月1回程度実施の予定でしたが、今年は以上で終了とします。)

4.参加料
  無料(但し資料代として各回100円)

5.申し込み方法
   会場、資料準備等のため、参加希望者は毎回毎、メールで連絡して下さい。
  (メールの連絡先:
     kaz.itoh@mopera.net )

6.対象とする俳句
 「俳句の里松山」(松山市文化財協会発行〕に所載の俳句を主に対象とする。
  勉強会で採り上げる俳句は毎回異なります。

7.注意事項
  やむをえぬ事情で勉強会を中止する場合があります。その場合には、各参加予定者の
  メールアドレスあてに連絡します。
  又、
四国観光通訳者連盟のWebsite ( http://fais-japan.org/ ) でお知らせいたします。


         本件問い合わせ先: 電話  090-7629-9254 (伊藤)
             メール:kaz.itoh@mopera.net